リスクマネジメントとして企業が弁護士と契約している理由

2012-11-25

会社を経営するに当たって、リスクのマネジメントは必須の条件になります。

震災後に盛んに言われるようになりましたが、判明しているリスクに対して

どうやって対応をすることを盛り込んでおくかということは、

会社を守るためにはとても重要な要素となってきました。

こういったリスクマネジメントは、経営戦略には必ず

盛り込んでおかなければいけない課題なのです。

リスクといっても様々なリスクがあります。

企業内部の組織的なリスクも存在しますし、

交渉先であったり取引先などの対外的なリスクもあります。

震災の時のような、自然や環境が起因するリスクも大切です。

そして、販売している商品などが抱える潜在的リスクも、

企業が抱える大きなリスクになってきます。

こういった各リスクに対して、

リスクを軽減させたり対応策を考えておくことは、とても重要で、

その対応策として企業の弁護士を雇うということがあります。

弁護士といえば対処療法的にとらえられますが、実際には予防にもつながっていきます。

企業経営者にとって業有無にかかわることは、

当たり前のことですがスペシャリストであるはずです。

ところが、そういったことに関する法律的知識は、意外に伴っていません。

それは、その業界の倫理感などだけでは、法律に対応していませんし、

改正などにもついていけません。

そのために、リスクマネジメントの一環として、弁護士の存在があったりもするのです。

 

 

 

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.