会社経営と相続問題

2012-12-06

 

自分が会社経営に関わるほどの重要な立場である場合は、
自分にもしものことがあったときのことを考えておくことも必要です。
たとえば多くの従業員を抱える大企業の経営者ともなれば、
自分に何かがあったとき、そこで働く従業員すべての生活が
おびやかされることにもなるのです。

大きな企業ともなれば組織的にしっかりと相続問題がすすめられるはずですが、
後々のトラブルを避けるためには、自分の会社の状況をしっかりと見定め、
引継ぎなどをあらかじめ済ませておくのも重要です。
相続を群馬ですすめる場合であっても、この考え方は役に立ちます。
大きな会社でなくとも、自分に何かが起きることで会社経営が続けられない
ということになれば、取引先などにも影響を与えてしまいます。
商売や経営というのは、人との関わりなしでは考えることが出来ませんから、
会社経営をはじめるという考えをおこしたからには、その経営を
終えるときのこともしっかりと考えておく必要があるのです。
もちろん、自分の代で終わることなく、今後も続いていくような場合であっても
自分の意思を引き継ぐ人に意思を伝えておくほうがいいでしょう。
経営者が変わることで、商売がうまくいかず、
倒産や廃業を余儀なくされることも実際には多いのです。
景気の状況によって左右されることも少なくないのが現状です。

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.