誰もが楽しめる食で経営を極める

2012-12-07

いつの時代でも、飲食店経営を志す人は多いものです。

個人経営で小さなお店を構えている人もいれば、全国的に

チェーン展開するような大きな企業に発展するケースもあるでしょう。

もちろん、材料費などもそれなりにかかりますし、

最初に必要な設備なども多いものです。

今の時代においては決して効率の良い経営とはいえないかもしれませんが、

食というのは本人はもちろん、誰もが楽しめるものといえます。

そういった分野において経営が出来るということ自体、

意義のあることなのかもしれません。

銀座で焼肉を経営するとなれば、周囲のライバル店との

区別化を図る必要があるでしょう。

現時点でもかなりの多くの店が出店していますから、

新規参入は容易ではないのです。

目新しさだけではすぐに飽きられてしまうでしょうから、

長く商売を続けるためにはどうしたら良いかを考え、

それに見合ったサービスなどを用意することが大事です。

店が行いたいことの方向性が定まっていなければ、

経営はうまくはいかないでしょう。

ちょっと試してみて儲からないとわかれば、すぐに方向転換する・・・

ということもできますが、あまりコロコロかわるとお客さんの

信頼を落としてしまうこともあるのです。

経営にとって信頼は何よりも大事なものですから、お客さんのための

経営戦略を考えて実行していくようにしましょう。

 

 

 

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.