経営は儲かっている時点の見極めが大事

2013-01-29

商売がうまくいっていると、その状況を満足してしまい、

経営が苦しくなったときの対策を考えないこともあるものです。

しかし実際には、経営が苦しくなった時点で対策を考えても、

すでに自体は遅すぎることがほとんどです。

対策をとってもすぐにその結果が出るとは限りませんから、

お金に余裕がある時点で出来ることをやっておく必要があります。

経営が苦しくなってくると、お金を借りることすら難しくなり、

やりたいこともなかなかできなくなってしまうのです。

たとえば上野で風俗の経営をしている人がいたとすると、

儲かっている時点ではかなりの稼ぎが得られるはずです。

しかし働き手次第で客の入りも異なってきますから、

常に一定の売り上げを維持する対策をとっておく必要があるでしょう。

会社にとって大事なものは社員であり、社員は会社の宝である・・・

という考え方もあるわけです。

最近では若いうちに何度かの転職を繰り返し、

自身の経験をつむことを優先させる人が増えています。

ただそうなると会社にとっては、貴重な人材がまた減ってしまい

新たな人に仕事を教えなければいけなくなります。

経営が苦しくなると、人員削減も行わなければいけないことがあります。

しかし長く会社につとめ、経験をつんだ社員を失うことは会社全体の力のダウンにもなり、

売り上げダウンにもつながることを覚悟しておく必要があるのです。

 

 

 

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.