レーシックの費用を抑えて手術成功!経営戦略に力を入れるぞ!

2013-03-26

近視と乱視があり、視力の悪い私は先日、クリニックで最高級レーシックを受けました。

これはそれまでのものと違って照射時間が短縮され、精度も向上されています。

たとえばこれまでは目に照射するにしても瞳孔の縮小拡大に合わせた動きはまだできなかったのですが、この機械を使えばそれができるのです。

加えて精度が高いということは、フラップとよばれる角膜の削った部分が最小限で済むので、目に与える負担というものが小さくなります。

これが何を意味するかというと、角膜の厚みに余裕がでてくるので、その後も調子によっては微調整が必要になってきた場合、ある程度の回数またレーザーを照射できる余地が残ってくるということです。

もう一つくわえると、精度が向上することによって網膜に達する光がより正確になり、いわゆる光がぎらつくグレアであるとかあるいはかすんで見える現象であるとか、そういった術後によくある後遺症というものがかなりの精度で防止できるのです。

もちろんそこまでできる最近の機材となればレーシック費用は高いのかなと思いましたが、これが意外にも32万円という価格でできてしまいました。

これには当然ながら保証というものも含まれていてその期間は15年だそうです。

つまりそれだけ術後の問題にしても自信を持っているということですね。

視力も回復し、安心して生活できるので、経営戦略にもさらに力を注げそうです。

 

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.