経営のことばかりの考えていた頃から、いま田舎暮らしをしてみて実感すること

2013-07-15

以前私は東京に住んでいましたが、家族の都合により五年前から東北にある田舎町に住んでいます。
東京に住んでいた頃は毎朝通勤ラッシュに揉まれ深夜まで仕事をしていました。たまの休みも電車に乗りたくないので徒歩で行けるとこまでが行動範囲でした。
今私が住んでいる街は車社会なので電車に乗ることはあまりありません。移動は基本的に車です。車の数も都会に比べると少ないので渋滞もあまりなくストレスを感じずに生活しています。田舎に戻ってから一番感じることは日々の時間の流れがゆっくりと動いているきがします。
東京に住んでいた頃はいつも時間に追われ経営の戦略のことばかり考えていた気がしましたが今は周りの人たちの影響もあってか静かな時間を過ごしています。他に木や海などの自然が多いため非常に癒されます。元々自然が好きということもあって気分転換に自然を感じるために車でドライブします。
ただ田舎に住んでいて困ることは買い物をするところがあまりないことです。
東京にあるようなショップは田舎にはないのでもっぱらネットで購入する形です。大半のものはネットでも揃いますが実際に商品を見て購入したい物もあるのでその時はちょっと困りました。
ただ田舎暮らしといっても最低限の生活は出来ますし穏やかに生活したい人にはお勧めだと思います。田舎といってもその度合いは様々です、自分の思い描く田舎での生活を田舎暮らし物件情報などからいろいろつかんでみるのが良いと思います。

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.