デフレが脱却か?

2012-09-13

デフレが脱却かという見出しが新聞に出ていました。
理由はアルバイトの時給が上がっているということです。

牛丼のすき家は870円から920円と一気に50円を引き上げたというニュースが出ていましたが、今就職は難しいとなっていますがアルバイトはなかなか募集をしていても応募に来ないという事が起きています。
アルバイトは1.12倍の求人率という倍率が物語っていて飲食関係や外食産業が賃金を上げるという事は当然商品価格にも影響が出てきていますから、ようやくデフレが止まることになるのかということを新聞が伝えています。

美容の口コミの中にも美容品の価格が上がってきているという話しが出ているのも事実です。
商品の価格が上がってしまう事は消費者の立場から見ると複雑な気持ちです。

全体にデフレが脱却が出来れば良いのですが、一部だけで賃金が上がれば当然商品転嫁が出来ないと企業が吸収しなけばいけなくなると経営を圧迫してしまうので、企業の経営に響いてしまうことになってしまうことになります。
ですので、政府がしっかりデフレ脱却からサポートをしてくれないとせっかくデフレが脱却となってもマイナスに成りかねないという事です。
経済の浮上には、経済環境をリノベーションしないと経済が本格的に上がることはないと思います。

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.