Archive for the ‘経営とPDCA’ Category

経営とPDCAサイクルの利用

2012-06-02

経営には、必ず何をするのかというプランがあります。
このプランにのっとって、事業を展開していくわけですが、プランを立てただけでうまくいかないことも必ず出てきます。
予定通りいけば、事業の苦労など起きることもないわけです。
そこで使われるのが、PDCAサイクルです。
Plan(計画)を練り、Do(実行)し、Check(検証)して、Act(改善)して、次のPlanにつなげていくのです。

この考え方はISO9001などにも使われており、スパイラルモデルとも言われています。
PDCAの最大の特徴は、検証して改善するところにあります。
何かを計画することは常に起きてきますし、それを実行することは経営上当たり前のことです。
ですが、なかなか検証し改善策を立ててつなげていくことはしていないのです。
そのために、同じような失敗を繰り返したりし、販売の機会などを損失したり、安全性の低い生産を繰り返さなければならなかったりしているのです。
そしてこのサイクルは、短ければ短いほど効率は良くなっていくわけです。

PDCAは逆に利用することもできます。
今展開していることや、行動をあてはめてみます。
その際に、4つのどこに時間がかかっているのかや、バランスの部分が見えてきます。
そこからも分析していくことができるわけです。
Planがなく、思い付きだけでDoに移っていたりするようですと、経営としては危険信号であるとも言えるのです。

Copyright(c) 経営とは戦略次第でなんとでもなる! All Rights Reserved.